契約をするにあたって必要になる書類にはどのようなものがあるのでしょうか。

趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ

契約に必要な書類

契約をする際にはかなりの書類や金額が必要になってきますので、とくに注意が必要になってきます。
では賃貸契約をするうえで必要になる書類としては、どのようなものを挙げることができるでしょうか。
まずあげられるのが入居する人の住民票です。
ちなみにこの住民票というのは、自分だけでなく入居する家族全員のものが必要になりますので、ルームシェアをする場合などにはそれぞれで準備しておくことが必要です。
また多くの場合、収入証明書というのも必要になりますが、サラリーマンではなく自営業という場合には「確定申告書の写し」や「納税証明書」などの提出になりますので、事前に準備しておきましょう。
続いてあげられる書類は不動産会社によっても名前が違い、「保証書」「保証契約書」「連帯保証契約書」「保証人引受承諾書」などと呼ばれるものですが、これは保証人の保証書になります。
つまり契約者が何らかの理由によって家賃を支払えなくなってしまった場合には、この保証人が責任をもって家賃を肩代わりするという契約書になるのですが、これも事前に作成しておく必要があるというわけです。
また賃貸物件によっては個人ではなく、会社などの法人で借りるということもあるでしょう。
この場合には履歴事項全部証明書」「入居する人の住民票」「入居する社員の従業員証明書又は保険証」などが別途に必要になってきますので、事前に不動産会社などで必要になるであろう書類の種類などを聞いておくようにしましょう。
これらの書類にくわえて準備しなければならないものとしては、初期費用を挙げることができます。
初期費用のなかには敷金や礼金、仲介手数料、前家賃などが含まれ、場合によっては家賃の6ヶ月分になってしまうケースもありますので、事前にそれらの金額を用意しておくのも重要なことになります。
このようなものを用意して契約をすることになるのですが、契約の際には重要事項説明書というものを読み合わせることになっています。
この重要事項説明書の中には非常に重要な情報が含まれており、誤って同意してしまうとかなり損をしてしまうものもあるといわれています。
そのなかにわからない文面や単語があったりした場合には、不動産会社の担当者に聞いておくようにしましょう。
ちなみにこの契約をしてしまった後にキャンセルをしたいと申し出たとしても、礼金・仲介手数料などは返ってきませんので慎重に契約をするようにしたいものです。

新着おすすめ

Copyright (C)2017趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ.All rights reserved.