契約をする前に申し込みをする必要がありますが、その際に気をつけるポイントを紹介していましょう。

趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ

契約をする前に

さまざまな賃貸物件を見てみて、これだという部屋を見つけることができたら契約のために行動することができます。
では契約に至るにはどのような手続きなどが必要になるのでしょうか。
まず気に入った部屋があったとしてもいきなり契約することができないということを覚えておきましょう。
まずは申し込みを行う必要があり、不動産会社に「入居申込書」を提出することになります。
この入居申込書は各不動産会社によっても違いがありますが、内容としては契約希望者の名前や年齢や職業などの基本的情報になります。
ちなみにこの申し込みというのは、契約とは異なりますのでキャンセルすることもできますし、これを出すことによって何らかの責任が生じるということはありませんので心配いりません。
ちなみにこの申し込み書を出した後は、入居審査といわれる審査が大家さんによってなされることになります。
これには1週間ほどの時間が必要になることがありますが、場合によっては審査に合格できない場合があります。
とくに収入が安定していないという場合や、仕事の内容などによっては大家さんが許可しないこともあるようです。
この入居申込書を出す際の注意ですが、「預り金」「申込証拠金」「申込金」というものを不動産会社に支払うという場合があります。
これは契約が無事にまとまった際にはそのまま家賃などに含まれることになるのですが、契約ができなかった場合やキャンセルしたいという際には返してもらうことができるようになっています。
しかし不動産会社によってはなかなか返してくれなかったり、うやむやにしてしまうところもあるといわれていますので注意が必要です。
この預り金は家賃の1ヶ月分という場合もありますが、場合によっては数千円というものもありますが、どのような場合でも領収書や書類による証拠というものを残しておくことが重要です。
このようにして入居審査に合格できたという場合には、いよいよ賃貸契約を結ぶことになるのですが、この際にもいくつか注意点があります。
まずあげられるのが金銭的な準備になります。
契約の際には礼金、敷金、仲介手数料、前家賃、保険代などを支払う必要があり、場合によっては家賃の6ヶ月分以上になることもあります。
せっかく契約までいったのにお金が用意できずにキャンセルになるということがないように、しっかりとどのくらいの費用が必要になるのかを聞いておき準備しておくようにしましょう。

新着おすすめ

Copyright (C)2017趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ.All rights reserved.