物件見学の際に注意できるポイントやチェックしておきたいところとはどのような場所なのでしょうか。

趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ

物件見学でのポイント

不動産会社に行ってみて、そのなかに気になる物件があったという場合には物件見学に行くことができます。
ではこの物件見学ではどのような点に注意することができるのでしょうか。
まず物件そのものに関する点として、その物件の広さを確認するという点をあげられます。
多くの場合には畳の枚数などで部屋の広さというのは記載されていますが、畳の大きさの基準が異なっているケースもあるため、自分の目でまず確認することも重要です。
また賃貸物件によっては柱などが出ていてかなり狭く感じるというケースや、天井が低いため実際よりも狭く感じるというケースもあるようです。
また実際に物件見学をしてみないとわからないポイントとして、日照条件も挙げることができます。
南向きの窓やベランダがあるという場合でも、その向きに高い建物があって日照条件が悪くなっているというケースもありますし、物件情報ではそこまで期待していなかったものの日照条件が良かったという場合もあります。
この物件見学の際には実際に窓を開けてみるのも重要なポイントになります。
窓を開けてみたら隣のマンションから丸見えであったり、飲食店の臭いなどが強烈だったというような物件もあります。
ほかにも設備が問題なく使えるのかどうかや、収納スペースの様子などもチェックできるポイントとして挙げることができるでしょう。
このように物件そのものの見学やチェックというのも重要になるのですが、物件見学の場合にはほかにも注意しなければならないポイントがあります。
例えば廊下や集合ポスト、駐輪場などの管理状況をチェックしてみるというのは良い方法です。
これらの共用スペースがしっかり掃除されていなかったり、整理していなかった場合には管理会社に問題があるかもしれませんし、入居者がマナーを守らないということを表しているのかもしれません。
また女性のひとり暮らしをするというような場合であれば、セキュリティ面やその物件周囲の様子などもチェックしておくと安心です。
例えばエレベーターがある場合にはなかに防犯カメラがあるのかどうかや、万が一の際に逃げ込める場所やお店が近くにあるのかどうかを見ておきましょう。
また日中はそこまで気にならなかったものの、夜になると外灯が少なかったり、人通りが少ないという場合にも注意が必要だといえるでしょう。
このようなポイントに注意をしてそれぞれの物件見学に行くことが重要になってきます。

Copyright (C)2017趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ.All rights reserved.