不動産情報を見るさいに注意したいポイントをいくつか取り上げています。

趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ

不動産情報での注意点

不動産情報を参照する際には注意が必要だといわれていますが、どのような点に注意することができるのでしょうか。
まず注意しなければならないのが情報の移り変わりが早いという点でしょう。
とくに1月から3月という期間は引越しシーズンだともいわれていますので、その時期にはあっという間に契約が決まってしまうということもあります。
たとえばインターネットなどで良さそうな物件があったとしても、すぐに不動産会社に連絡をしないとあっという間になくなってしまうというような具合です。
時期にもよりますが、気になった物件情報があったらすぐに不動産会社に連絡してみるようにしたいものです。
さらに不動産情報で注意しなければならないのが、おとり広告といわれるものです。
これは実際には存在しない不動産情報をインターネットなどに載せておき、それを目的として来たお客に別の不動産物件を押し付けるという手法になっています。
このようなおとり広告の場合には、ありえないほどよい物件がかなり安い家賃になっているので、ちょっと相場情報などがわかると違和感を感じることでしょう。
悪質なケースなどでは、不動産会社に問い合わせた際にはその物件があると言っておき、実際に不動産会社に行くと「たった今契約がきまってしまった」というような言い訳をするということもあります。
ありえないほどよい条件の不動産情報などがあった際にはまずおとり広告の可能性を疑ってみても良いかもしれません。
ちなみにもしこのおとり広告などで騙されてしまった場合には、そのまま泣き寝入りするのではなく不動産公正取引協議会という機関にそのことを報告するようにしましょう。
ほかにも各都道府県の不動産取引に関する相談窓口というものがありますので、場合によってはそこに苦情を報告することもできるでしょう。
また物件情報のなかには、その物件に関するさまざまな情報が含まれていますので、細かい部分に関してもしっかり見ておきましょう。
たとえばその不動産会社が賃貸管理をメインにしているのか、賃貸仲介をメインにしているのかによっても違いがあります。
賃貸管理をメインにしているという場合には、家主などに委託されて賃貸物件を管理していますので、敷金や礼金などの決定において不動産会社がかなりの権利をもっており交渉しやすいという特徴があります。
賃貸管理の場合には仲介メインになっていますので、こちらの都合や要望にあわせて物件を探してくれるというメリットがあります。

新着おすすめ

Copyright (C)2017趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ.All rights reserved.