部屋探しの前にしておきたい予算や条件の決め方に関するアドバイスを解説していましょう。

趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ

部屋探しの前に

これから部屋さがしをしようとするのであれば、まずしなければいけないのが予算と希望をはっきり決めておくということになります。
人によっては自分の理想が固まっていないうちから不動産会社に行ったり不動産情報を参照するという方もいますが、そのような場合には余計に時間などがかかってしまうことでしょう。
では予算を考える上ではどのようなことが重要になるのでしょうか。
基本的に望ましい家賃の相場は収入の30%だといわれていますので、給料などとのバランスを見て決めることができるでしょう。
ちなみに賃貸住宅の契約をする際には、場合によって家賃の数カ月分の費用が必要になってしまうケースがあります。
現在蓄えがそこまでないという場合などにはフリーレントの物件や、敷金礼金ゼロ物件といわれるような初期費用を抑えることができる物件を中心に探すというのも良い方法でしょう。
これらの予算が決まってしまえば、あとは希望の条件や理想などとのすり合わせ作業のみになります。
この条件のなかには、部屋の広さやエリア、設備などがあげられるでしょう。
しかしこの点で考えなければいけないのが住みたいエリアの相場情報になります。
賃貸住宅の家賃というのはそれぞれの物件の新しさや設備などによっても違いますが、大きく左右するのがエリアになります。
基本的に家賃が高くなってしまう条件としては駅から近い物件や、急行などがとまる駅エリアなどになります。
逆にいえばそれらの条件を妥協することによって広い物件に住むことができたり、家賃を抑えることもできるようになるというわけです。
それで物件探しをする際にはあらかじめどの条件を優先したいのかや、妥協できるラインなどをきめておくと良いかもしれません。
また家賃に関係するものとしては、その住宅の構造というものも重要になってきます。
家賃が安い構造としては木造建築で築年数が古いタイプになります。
そして高い家賃としては3階建て以上で鉄筋コンクリート構造の新築物件などを挙げることができるでしょう。
たしかに多くの方は綺麗だといわれる新築物件が良いと思うものですが、最近では築年数の古い賃貸住宅をリフォームしたりして改築しているケースも珍しくなくなっています。
そのような物件は家賃が安い上に、新築のような内装になっていますので、かなりお得なケースもあります。
これから賃貸住宅を探すという場合にはまず上記の点に注意してみると良いかもしれません。

新着おすすめ

Copyright (C)2017趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ.All rights reserved.