要事項説明書と契約書において注意したいポイントなどを取り上げています。

趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ
趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ

要事項説明書と契約書

自分が住みたい部屋が見つかったら契約を結ぶことができるのですが、その際には重要事項説明書と契約書をよくチェックすることが必要です。
というのも一度契約をしてしまえば、これらの重要事項説明書と契約書に同意したことになってしまいますので、後で不満があったとしてもそれを変えてもらうことができなくなってしまいます。
では具体的に注意できるポイントとしてはどのような点を挙げることができるのでしょうか。
まずあげられるのが家賃の金額とその支払う方法に関してです。
多くの場合には銀行振込などになっているのですが、手数料がある場合には借り主の負担になってしまう場合がほとんどです。
さらに敷金や礼金が必要な場合には、それがどのくらいの金額になるのかなどももう一度確認しておくと安心できます。
さらに契約書のなかには家賃の値上げに関する注意書きというのも含まれている場合があります。
なかには一定の率で自動的に値上げになっている場合もありますので、それらに不服がある場合には契約せずに大家さんや不動産会社の担当者と相談するようにしましょう。
また人によってはこれから同棲や結婚という予定がある方もいるかもしれません。
物件によっては事前に同居人が増えることを伝えておけば良いとするところも多いようですが、なかには同居人を禁じている場合もありますので、その点においてもしっかり確認しておきたいものです。
さらに注意できる点として、エアコンや照明器具、ガスコンロ、湯沸し器などの機器に関する点があります。
一例としてエアコンが最初に付けられておらず、後で入居者が許可をとって設置したという場合、退室時にはどのエアコンをどのような処理するのかなどの問題があります。
造作の買取請求をしないのかや、入居者が自分で処分をしなければならないのかは、それぞれの賃貸物件によっても違いがあるようです。
また直接家賃と関係してくる点としては、契約期間の始まる日がいつなのかという点も挙げることができます。
一番の理想は契約期間の始まる日に実際の入居が始まるということですが、これもあらかじめ相談しておかないとうまくいかない場合があるので注意しましょう。
このように重要事項説明書と契約書のなかには、かなり重要な内容がふくまれていますので、しっかりチェックをしてから契約を結ぶようにしなければなりません。
何かわからないことがあった場合には、不動産会社の担当者に聞くことも大切です。

新着おすすめ

Copyright (C)2017趣味に特化した賃貸住宅探しのコツ.All rights reserved.